7thPocket.com

さよならジュピター

top > 特撮 > 特撮映画 > さよならジュピター

〈さよならジュピター 関連サイト〉

〈さよならジュピター 関連商品〉

さよならジュピター Wikipediaより〉

『さよならジュピター』(英題:Bye-bye, Jupiter)は、1984年に公開された東宝と株式会社イオの共同製作による日本のSF映画(特撮映画)およびその原案をノベライズしたSF小説。 地球に接近したマイクロブラックホールを、木星の爆発により、軌道変更させようとするプロジェクトを軸に、さまざまな人間模様を描く。人類生存のために木星破壊も辞さない技術者グループと自然保護を訴える反科学の宗教集団との対立劇に、主役とヒロインの『ロミオとジュリエット』的恋愛要素が加わり、光線銃によるアクションなども盛り込まれたが、映画作品としての評価は非常に低く、「いろいろ詰め込み過ぎて破裂した」と、各方面で酷評されている。 制作費が当初予算の1/3程度に抑えられた上に、予定していた映画監督の死去などの不運も重なり、当初の詳細なストーリーやプロットを活かしきる事ができずにヒット作とする事ができなかった。製作を担当した小松左京によると、配給収入は8億円であり、制作費の回収も未達という興行的失敗という結果に終わった。

〈さよならジュピター 関連ニュース〉