7thPocket.com

はじめ人間ギャートルズ

top > アニメーション > はじめ人間ギャートルズ

〈はじめ人間ギャートルズ 関連サイト〉

〈はじめ人間ギャートルズ 関連商品〉

はじめ人間ギャートルズ Wikipediaより〉

『』より : 『ギャートルズ』は、架空の原始時代の原始人たちが繰り広げる、大らかかつ突飛な日常を描いた園山俊二原作のギャグ漫画である。 テレビアニメとテレビドラマにもなり、その独特のユーモアや世界観で大人気を博した。 この作品により定型化した代表的なギャグやネタに、「大声が文字の形の石になって飛んでいく」「輪切りの肉」「マンモスの群れの突進(その結果、人間が踏みつぶされてペラペラになる)」「鉄コン筋クリート」などがある。 作中で原始時代にもかかわらずなぜか貨幣経済が浸透しており、巨大な石の貨幣を用いている描写が見られるが、もちろんフィクションであり、このように使われる巨大な石の貨幣は歴史上存在しない。ヤップ島にこのような巨大な石の貨幣は実在するものの、人間が持ち運ぶものではなく所有権だけが移るという性質のものである。 単純で印象深いアニメのオープニングや、エンディング『やつらの足音のバラード』(作詞:園山俊二、作曲:かまやつひろし)の主題歌も、長く親しまれている。