7thPocket.com

ぼくらの七日間戦争

top > 特撮 > 特撮映画 > ぼくらの七日間戦争

〈ぼくらの七日間戦争 関連サイト〉

〈ぼくらの七日間戦争 関連商品〉

ぼくらの七日間戦争 Wikipediaより〉

『ぼくらの七日間戦争』(ぼくらのなのかかんせんそう)は、1985年4月に発行された宗田理の文庫書き下ろし小説。ぼくらシリーズの第1作目。 映画化もされ、続編『ぼくらの七日間戦争2』も製作された。 作者によれば、物語の舞台のモデルとなったのは宮城県仙台市青葉区とのこと。 あらすじ ここでは、全ての巻についてのあらすじを表す。 中学生編 ぼくらの七日間戦争 1学期の終業式の日のことである。東京下町の中学校の菊地英治ら1年2組の男子生徒達が突如行方不明となる。親たちは懸命に英治らを探すが全く見つからない。実は英治らは、荒川河川敷の廃工場に立てこもって、外にいる橋口純子ら女子生徒と、FM発信機で外にFMラジオを送信する係の谷本聡と協力し、廃工場を日本大学全学共闘会議をまねた「解放区」とし、校則で抑圧する教師や勉強を押し付ける親に対し、反旗を翻していたのだ。

〈ぼくらの七日間戦争 関連ニュース〉