7thPocket.com

ウルトラマングレート

top > 特撮 > ウルトラマンシリーズ > ウルトラマングレート

〈ウルトラマングレート 関連サイト〉

〈ウルトラマングレート 関連商品〉

ウルトラマングレート Wikipediaより〉

『ウルトラマンG』より : 『ウルトラマンG』(ウルトラマングレート、英題:Ultraman: Towards the Future )は、円谷プロダクションが、オーストラリアで製作した特撮作品。全13話。 『アンドロメロス』を除けば実写のウルトラマンは『ウルトラマン80』以来10年ぶりで、元号が平成に変わってから最初に製作されたウルトラ作品である。京本政樹が日本語版主演、命名、番組のPRなど深く関わっている。 企画当初は「新ウルトラマン」という仮題で日本国内制作によるテレビシリーズとして進められていたが、ペンディングとなる。一方、円谷プロではオーストラリアを舞台とした別企画がペンディングとなっていたが、当時のVシネマブームを踏まえて両企画を統合し、オーストラリアで6話完結のビデオオリジナルのウルトラマンを制作することとなる。その後、海外での販売を考慮して7話追加の1クール構成となる。初期のウルトラシリーズを支えたデザイナーの成田亨に新たなウルトラマンと怪獣のデザイン依頼を打診し、成田は直ちに「ウルトラマン神変」という新ウルトラマンのデザイン画を描き上げた。