7thPocket.com

ガンヘッド

top > 特撮 > 特撮映画 > ガンヘッド

〈ガンヘッド 関連サイト〉

〈ガンヘッド 関連商品〉

ガンヘッド Wikipediaより〉

『ガンヘッド』(GUNHED)は、1989年7月22日に公開された日本映画。配給は東宝。 本作は、『機動戦士ガンダム』などアニメによる巨大ロボットものを得意としたサンライズと、実写特撮ものにかけては長い歴史と経験を持つ東宝映画がタッグを組んだSF映画である。また、出資者によりメディアミックス展開が図られた。 実写で巨大ロボットの活躍を描いた映画であり、「巨大ロボットによる屋内劇」という他に類を見ない特撮映画作品である。公開当時は「史上初の実写巨大ロボットムービー」を宣伝文句にしていた。 1987年頃より『ガンヘッド』のロボットのキャラクターをサンライズ側が打ち出して、東宝に持ち込む形で企画された。当初の監督候補は長谷川和彦だったが企画段階で降板し、アメリカで映画を学び『スター・ウォーズ』の日本語版演出でSFの経験がある原田眞人を起用された。特技監督は、1984年にSF映画『さよならジュピター』を手がけ、後に『ゴジラ』シリーズの特撮を長く任されることになる川北紘一である。

〈ガンヘッド 関連ニュース〉