7thPocket.com

クジラの子らは砂上に歌う

top > アニメーション > クジラの子らは砂上に歌う
【中古】バッジ・ピンズ(男性) 赤澤燈(チャクロ) 缶バッジ 「舞台『クジラの子らは砂上に歌う』(2016年)」 グッズ付きチケット特典画像

〈クジラの子らは砂上に歌う 関連サイト〉

〈クジラの子らは砂上に歌う 関連商品〉

クジラの子らは砂上に歌う Wikipediaより〉

『クジラの子らは砂上に歌う』(クジラのこらはさじょうにうたう)は、梅田阿比による日本の漫画作品。『ミステリーボニータ』(秋田書店)にて、2013年7月号(2013年6月6日発売)から連載中。略称は「クジ砂」。『週刊少年チャンピオン』(同社刊)で活躍していた梅田阿比による砂漠戦記。宝島社「このマンガがすごい!2015」オンナ編にて第10位。 砂の海に浮かぶ巨船“泥クジラ”の民の運命を描き、超能力“情念動(サイミア)”を操る短命の“印”とそうではない“無印”の存在、住民は外の世界を全く知らないこと、また砂の海に浮かぶ前史文明の遺物など、多くの秘密を孕んだ世界を舞台に、記録係の少年チャクロの物語が展開していく。本作は作者の梅田阿比が、古い路地にある見るからに怪しいお店で見つけた外国人(?)チャクロ氏(仮名)の日記(を日本語訳したもの)を編纂、漫画化したという設定で綴られている。 『このマンガがすごい!2015』オンナ編において10位にランクイン。『次にくるマンガ大賞』にノミネートされている。 2016年に舞台化され4月に初演。2018年1月-2月に再演。ライブビューイングも行った。 2017年にアニメ化された。なお『ミステリーボニータ』連載の作品がアニメ化されるのは、2007年に放映された『ミヨリの森』以来であり10年振りとなる。

〈クジラの子らは砂上に歌う 関連ニュース〉