7thPocket.com

テツワン探偵ロボタック

top > 特撮 > テツワン探偵ロボタック

〈テツワン探偵ロボタック 関連サイト〉

〈テツワン探偵ロボタック 関連商品〉

テツワン探偵ロボタック Wikipediaより〉

『テツワン探偵ロボタック』(テツワンたんていロボタック)は、1998年(平成10年)3月8日から1999年(平成11年)1月24日までテレビ朝日系で、毎週日曜8時00分から8時30分(JST)に全45話が放送された特撮テレビドラマ。メタルヒーローシリーズの第17作目で、テレビシリーズとしては同シリーズ最終作品でもある。 前作『ビーロボカブタック』のロボットを主人公としたコメディ路線を踏襲した作品であり、ストーリーや設定などにも前作との共通点がいくつか見られるが、ストーリー上の繋がりや世界観の共有はない。 本作品では、撮影方式が統一されていなかったビーロボのスーパーチェンジと違い、ロボタックを始めとしたジシャックロボたちの変形描写は全てCGで製作されている。また、少年探偵団や怪盗、謎解き、宝探しなど子供向け探偵活劇の要素をふんだんに取り入れつつ、メインライターの山田隆司の持ち味であるジュブナイルな作風が盛り込まれるなど、ストーリー面に重点を置いた作品作りがなされている。