7thPocket.com

ノストラダムスの大予言

top > 特撮 > 特撮映画 > ノストラダムスの大予言

〈ノストラダムスの大予言 関連サイト〉

〈ノストラダムスの大予言 関連商品〉

ノストラダムスの大予言 Wikipediaより〉

『ノストラダムスの大予言』(ノストラダムスのだいよげん)は、1973年に祥伝社から発行された五島勉の著書。フランスの医師・占星術師ノストラダムスが著した『予言集』(初版1555年)について、彼の伝記や逸話を交えて解釈するという体裁をとっていた。その中で、1999年7の月に人類が滅亡するという解釈を掲載したことにより、公害問題などで将来に対する不安を抱えていた当時の日本でベストセラーとなった。実質的に日本のノストラダムス現象の幕開けとなった著作である。 翌1974年には、東宝でこれを原作にした文部省推薦の同名の映画も制作公開されている。その作品については、「ノストラダムスの大予言 (映画)」を参照のこと。 反響とシリーズ化 1973年11月25日に初版が発行されると、3ヶ月ほどで公称100万部を突破した。これは『朝日新聞』1974年3月2日朝刊の広告によるものだが、同広告ではこの本が戦後のミリオンセラーとしては15冊目であることも謳われている。

〈ノストラダムスの大予言 関連ニュース〉