7thPocket.com

フランケンシュタイン対地底怪獣

top > 特撮 > 特撮映画 > フランケンシュタイン対地底怪獣

〈フランケンシュタイン対地底怪獣 関連サイト〉

〈フランケンシュタイン対地底怪獣 関連商品〉

フランケンシュタイン対地底怪獣 Wikipediaより〉

『フランケンシュタイン対地底怪獣』(フランケンシュタインたいバラゴン)は、東宝と米国のベネディクト・プロが製作し、1965年(昭和40年)8月8日に公開した怪獣映画である。総天然色(カラー)、90分。同時上映は『海の若大将』。 東宝が、海外資本との提携によって怪獣映画の新機軸を模索した意欲作。怪獣映画としては初めての日米合作である。内容は「フランケンシュタインが地底怪獣バラゴンと闘う」というものである。 本作は、当初米国20世紀フォックス社が進めていた「キングコングとフランケンシュタインの怪物が闘う」という映画の企画が日本の東宝に持ち込まれ、映画化権を取得して実現したものである。ちなみに、フォックスの企画からキングコングの要素を生かして完成された作品が『キングコング対ゴジラ』(1962年、本多猪四郎監督)である。 この企画案の「フランケンシュタイン」の要素から、『ガス人間第一号』(1960年、本多猪四郎監督)の続編企画として、『フランケンシュタイン対ガス人間』の脚本が関沢新一によって起こされたが、未制作に終わった。