7thPocket.com

ヤマトタケル

top > 特撮 > 特撮映画 > ヤマトタケル

〈ヤマトタケル 関連サイト〉

〈ヤマトタケル 関連商品〉

ヤマトタケル Wikipediaより〉

ヤマトタケル(生年不詳 - 景行天皇43年)は、記紀等に伝わる古代日本の皇族(王族)。 『日本書紀』では主に「日本武尊(やまとたけるのみこと)」、『古事記』では主に「倭建命(やまとたけるのみこと)」と表記される。現在では、漢字表記の場合に一般には「日本武尊」の用字が通用される。 第12代景行天皇皇子で、第14代仲哀天皇の父にあたる。熊襲征討・東国征討を行なったとされる、日本古代史上の伝説的英雄である。 『日本書紀』・『古事記』・『先代旧事本紀』とも、本の名は「ヲウス(オウス)」、亦の名は「ヤマトヲグナ(ヤマトオグナ)」で、のちに「ヤマトタケル」を称したとする。それぞれ表記は次の通り。 『日本書紀』・『先代旧事本紀』 本の名:小碓尊(おうすのみこと)、小碓王(おうすのみこ) 亦の名:日本童男(やまとおぐな) のちの名:日本武尊(やまとたけるのみこと)、日本武皇子(やまとたけるのみこ) 『古事記』 本の名:小碓命(おうすのみこと) 亦の名:倭男具那命(やまとおぐなのみこと)、倭男具那王(やまとおぐなのみこ) のちの名:倭建命(やまとたけるのみこと)、倭建御子(やまとたけるのみこ)「ヲウス(小碓)」の名称について『日本書紀』では、双子(大碓命・小碓尊)として生まれた際に、天皇が怪しんで臼(うす)に向かって叫んだことによるとする。

〈ヤマトタケル 関連ニュース〉