7thPocket.com

不思議少女ナイルなトトメス

top > 特撮 > 不思議少女ナイルなトトメス

〈不思議少女ナイルなトトメス 関連サイト〉

〈不思議少女ナイルなトトメス 関連商品〉

不思議少女ナイルなトトメス Wikipediaより〉

『不思議少女ナイルなトトメス』(ふしぎしょうじょ ナイルなトトメス)は、1991年1月6日から同年12月29日までフジテレビ系列で放送された特撮テレビ番組、及び主役登場人物の名称。東映不思議コメディーシリーズ第12作。全51話。 「イブンバツータ・スカラベルージュ」の呪文でトトメスに変身し、トトメスの持つ不思議ステッキから伸びるパピルスと不思議オルゴールでナイルの悪魔を捕まえる。「美しく戦いたい。空に、太陽がある限り。不思議少女、ナイルなトトメス!」が登場時の決め台詞。 この作品は当初は推理物という企画であった事から、最初の数話については事件の関係者を集めてナイルの悪魔が取り付いた人間を見つけるという手法を採っていたが、その後は従来作品と同様の戦闘形式に路線変更している。 前作『美少女仮面ポワトリン』に引き続き、脚本は浦沢義雄が1人で全話を執筆した(総集編に当たる第33話も浦沢の脚本である)。メイン監督は当時68歳の村山新治が担当。最多のエピソードを演出し、パイロット作品や最終回といった主要回を采配している。