7thPocket.com

世界大戦争

top > 特撮 > 特撮映画 > 世界大戦争

〈世界大戦争 関連サイト〉

〈世界大戦争 関連商品〉

世界大戦争 Wikipediaより〉

『世界大戦争』(せかいだいせんそう)は、1961年10月8日に公開された、東宝制作の特撮SF映画。 カラー、東宝スコープ、多元磁気立体音響。上映時間110分。 芸術祭参加作品。併映は『アワモリ君乾杯!』(原作:秋好馨、監督:古澤憲吾)。 「連邦国」と「同盟国」の二大勢力間で勃発した世界最終戦争を、市井に生きる人々の姿を通して描く反戦映画。『私は貝になりたい』のドラマと映画、両方に主演したフランキー堺が、本作においても理不尽な運命に翻弄される平凡な小市民を熱演している。製作当時は、本作公開直前に起きたベルリンの壁構築や翌年のキューバ危機に代表される通り、東西冷戦の危機感が強く、それを反映した人間ドラマである。兵器および軍服のデザインや国章から連邦国は資本主義陣営、同盟国は社会主義陣営を意識して描かれている。準備稿段階ではアメリカやソビエトといった実在の国名で書かれていた。 僧侶でもある松林監督は、この映画の根底を流れるテーマとして、仏教の「無常」観を挙げている。 製作経緯 東宝プロデューサーの田中友幸は、当時の世界情勢から第三次世界大戦を題材とした映画の製作を構想し、橋本忍による脚本で製作準備を行なっていた。

〈世界大戦争 関連ニュース〉