7thPocket.com

人造人間ハカイダー

top > 特撮 > 特撮映画 > 人造人間ハカイダー

〈人造人間ハカイダー 関連サイト〉

〈人造人間ハカイダー 関連商品〉

人造人間ハカイダー Wikipediaより〉

『人造人間ハカイダー』(じんぞうにんげんハカイダー)は、東映スーパーヒーローフェアの一環として1995年4月15日に公開された特撮映画。英題はROBOMAN HAKAIDER。 キャッチコピーは「正義も悪もいらないぜ! オレの名はハカイダー!!」東映特撮ヒーローの生みの親である、原作者の石ノ森章太郎の生前最後の東映特撮ヒーロー作品であり遺作である。 1995年4月15日に公開された東映スーパーヒーローフェアの作品の一つ。タイトルにあるとおり、原典の『人造人間キカイダー』に登場する敵役のロボット、ハカイダーを主人公とした作品である。しかし原典とは設定が大きく異なり、名前とイメージだけを使用したスピンオフ作品である。 原典のイメージを元に、正義の味方というよりはアンチヒーロー、あるいはダークヒーローといった立場で、歪んだ「正義」や「秩序」を破壊する者として描かれている。これは、劇中で正義を自称するミカエルに対してハカイダーが言った「確かに、貴様が正義なら、俺は…悪だ!!!」にも現れている。

〈人造人間ハカイダー 関連ニュース〉