7thPocket.com

兄弟拳バイクロッサー

top > 特撮 > 兄弟拳バイクロッサー

〈兄弟拳バイクロッサー 関連サイト〉

〈兄弟拳バイクロッサー 関連商品〉

兄弟拳バイクロッサー Wikipediaより〉

『兄弟拳バイクロッサー』(きょうだいけんバイクロッサー)は、1985年(昭和60年)1月10日から同年9月26日まで日本テレビ系(一部地域を除く)で毎週木曜日17:30 - 18:00に全38回(34話 + 再放送4話)が放送された、東映製作の特撮テレビ番組。 前年に放送された『星雲仮面マシンマン』の後続企画。町内等の比較的狭い範囲を舞台に、高校生・大学生の兄弟と子供をいじめる悪の組織との戦いをコメディタッチで描いている。一方でアクションやメカニック要素が前作よりも強化されたが、マシンマンと同様に戦隊・宇宙刑事等の東映特撮番組に比べて低予算で制作されていた。 石ノ森章太郎が原作としてクレジットされているが、デザインは玩具先行であり、石ノ森は敵キャラクターのデザインやアイキャッチイラスト、主題歌歌詞作成にとどまっているのも『マシンマン』と同様である。 ストーリー 魔神ゴーラの像は子供の泣き声を聞かせるとダイヤモンドを吐き出す力を持っていた。像を手に入れたドクターQは世界征服のための軍資金を得るために子供たちをいじめて泣かせようとする。