7thPocket.com

北京原人

top > 特撮 > 特撮映画 > 北京原人

〈北京原人 関連サイト〉

〈北京原人 関連商品〉

北京原人 Wikipediaより〉

北京原人(ペキンげんじん、Homo erectus pekinensis)とは、中華人民共和国北京市房山県周口店竜骨山の森林で発見された化石人類である。学名はホモ・エレクトス・ペキネンシス。2015年現在はホモ・エレクトス (Homo erectus) の亜種として扱われる。北京原人を含むホモ・エレクトスが生きていた時代は更新世である。(近年の研究によると、上記の化石の年代は68~78万年前と推定されている。) 周口店の北京原人遺跡はユネスコの世界遺産として登録されている。 研究史 1921年にスウェーデンの地質学者 ユハン・アンデショーンとオットー・ズダンスキーが人類のものと思われる歯の化石を発見した。さらに、その後の調査で1929年12月2日、中国の考古学者 裴文中が完全な頭蓋骨を発見した。結果的に合計十数人分の原人の骨が発掘された。 しかし、日中戦争の激化により、化石は調査のためにアメリカへ輸送する途中に紛失した。紛失の前に協和医学院の客員解剖学教授であったドイツ出身の学者F・ワイデンライヒがすでに詳細な記録や研究を残しており、レプリカが現存しているので、これが今日の北京原人の研究資料となっている(1966年に頭蓋骨破片2個と歯1本が発掘されている)。

〈北京原人 関連ニュース〉