7thPocket.com

妖星ゴラス

top > 特撮 > 特撮映画 > 妖星ゴラス

〈妖星ゴラス 関連サイト〉

〈妖星ゴラス 関連商品〉

妖星ゴラス Wikipediaより〉

『妖星ゴラス』(ようせいゴラス)は、1962年3月21日に公開された日本の特撮映画。製作、配給は東宝。カラー、東宝スコープ、多元磁気立体音響。同時上映は『紅の空』。 解説 謎の燃える怪星ゴラスと地球との衝突を回避するため、地球の公転軌道を変えようと奮闘する人々を描く。 円谷英二による東宝特撮映画50本目の集大成を目指して、構想3年、製作費3億8千万円、製作延日数300日、特撮パートが全体の3分の1を占める超大作として製作された。 監督の本多猪四郎は撮影に入る前に、助監督の梶田興治とともに1か月近く東京大学理学部天文学科へ通い、畑中武夫率いる畑中教室の堀源一郎に、「地球移動」という荒唐無稽な設定の科学的考証(後年における「SF考証」か「SF設定」)を依頼した。大きいとはいえ有限の質量を持つ物体であることに変わりはなく、非常に大きな力が必要ではあるが、それが必要に見合った十分な力であればニュートンの運動方程式に従って軌道は変わるため、地球の質量の概算値を元に、必要な力・運動量・エネルギーは算出できる。

〈妖星ゴラス 関連ニュース〉