7thPocket.com

宇宙大怪獣ドゴラ

top > 特撮 > 特撮映画 > 宇宙大怪獣ドゴラ

〈宇宙大怪獣ドゴラ 関連サイト〉

〈宇宙大怪獣ドゴラ 関連商品〉

宇宙大怪獣ドゴラ Wikipediaより〉

『宇宙大怪獣ドゴラ』(うちゅうだいかいじゅうドゴラ、英題:Dogora-the Space Monster)は東宝が製作し、1964年(昭和39年)8月11日に封切り公開された日本の怪獣映画。81分、総天然色、東宝スコープ。 ドゴラは、本作品の劇中に登場する宇宙怪獣の名称。 ストーリー 日本上空を周回中のテレビ中継衛星に、原因不明の消失事件が起こった。時を同じくして世界各国の宝石店が襲われ、多量のダイヤモンドが盗まれる事件が頻発する。警視庁はダイヤモンド盗難事件を全世界に指名手配されている宝石強盗団一味の仕業として捜査を開始したが、一方の宝石強盗団も正体不明の別の強盗団に強盗を妨害されていらだっていた。 警視庁外事課の駒井刑事は、マークと名乗る謎の外国人を宝石強盗団の仲間と見て追跡中、マークが逃げ込んだと思われる、ダイヤモンドの研究を行なっている宗方博士のもとを訪れマークを発見するも、もう一歩のところでマークに出し抜かれてダイヤを強奪されてしまう。