7thPocket.com

星雲仮面マシンマン

top > 特撮 > 星雲仮面マシンマン

〈星雲仮面マシンマン 関連サイト〉

〈星雲仮面マシンマン 関連商品〉

星雲仮面マシンマン Wikipediaより〉

『星雲仮面マシンマン』(せいうんかめんマシンマン)は、1984年(昭和59年)1月13日から同年9月28日まで日本テレビ系(一部地域を除く)で毎週金曜日17:30 - 18:00に全36話(本編35話 + 総集編1話)が放送された、東映製作の特撮テレビ番組、および作品内に登場する架空のヒーローの名称。 東映が当時安定した人気を得た『スーパー戦隊シリーズ』と『宇宙刑事シリーズ』に次いで制作したヒーロー番組。両シリーズと異なりアクションとコメディを重視した娯楽路線の作品となっている。 企画経緯 当時人気があった玩具の『マシンロボ』の発展企画として考案された。 バンダイの村上克司と東映の吉川進の間に『マシンマン』の企画が生まれた。村上が吉川に、「東映の子供番組はあと1ライン(1番組)走らせることは可能ですか?」と持ちかけ、吉川が了承したためスーパー戦隊シリーズやメタルヒーローシリーズ(宇宙刑事シリーズ)とは違う新たなシリーズが誕生することになった。

〈星雲仮面マシンマン 関連ニュース〉