7thPocket.com

有言実行三姉妹シュシュトリアン

top > 特撮 > 有言実行三姉妹シュシュトリアン

〈有言実行三姉妹シュシュトリアン 関連サイト〉

〈有言実行三姉妹シュシュトリアン 関連商品〉

有言実行三姉妹シュシュトリアン Wikipediaより〉

『有言実行三姉妹シュシュトリアン』(ゆうげんじっこうシスターズシュシュトリアン)は、1993年1月10日から同年10月31日までフジテレビ系列で放映された特撮テレビドラマ。関西地区はサンテレビとKBS京都で放送された。東映不思議コメディーシリーズの第14作(13年目)でシリーズ最終作品。全42話。 石ノ森章太郎の生前最後に携わったテレビ特撮作品であり、長らく東映特撮で殺陣の担当を務めてきた大野剣友会最後の東映特撮である。脚本は前作『うたう!大龍宮城』まで3年連続で単独で執筆した浦沢義雄に加え、今作では大原清秀が久々に復帰し、武上純希が新たに加入するなどバラエティに富んだライター陣になっている。 東映不思議コメディーシリーズのヒロイン路線では唯一、当初からグループものとなっており、コスチュームは和服をモチーフとしている。戦隊ヒーローものを強く意識した構成となっており、主題歌の歌詞も主演アイドルとのタイアップだった前2作と異なり、歌詞中にヒロイングループの名称を織り込んだ特撮ソング色の強い内容になっている。