7thPocket.com

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

top > アニメーション > ガンダムシリーズ > 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

〈機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 関連サイト〉

〈機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 関連商品〉

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア Wikipediaより〉

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア、英題:Mobile Suit Gundam Char's Counterattack)は、1988年3月に松竹系で劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。英題の頭文字を取り「CCA」、また「逆シャア」などと略されることもある。 本作は『機動戦士ガンダム』から14年後、宇宙世紀0093年の第二次ネオ・ジオン抗争を描いている。一連のシリーズで因縁のライバル同士であったアムロ・レイとシャア・アズナブルの戦いにピリオドが打たれ、劇場版『機動戦士ガンダム』シリーズの完結編とされている。 公開時のキャッチコピーは「宇宙世紀0093 君はいま、終局の涙を見る…」。同時上映は『機動戦士SDガンダム』。 監督は富野由悠季。配給収入6億2千万円、観客動員数103万人。DVDは30万枚出荷。 物語 宇宙世紀0093年。先のグリプス戦役以降消息不明だった、元ジオン公国軍エース・パイロットで、ジオン共和国創始者ジオン・ズム・ダイクンの息子であるシャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)は、幾多の戦いを経ても旧態依然として地球から宇宙移民を統制し続ける地球連邦政府に対し、ネオ・ジオンを率いて反乱の狼煙を上げる。

〈機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 関連ニュース〉