7thPocket.com

機動戦士ガンダムF91

top > アニメーション > ガンダムシリーズ > 機動戦士ガンダムF91

〈機動戦士ガンダムF91 関連サイト〉

〈機動戦士ガンダムF91 関連商品〉

機動戦士ガンダムF91 Wikipediaより〉

『機動戦士ガンダムF91』(きどうせんしガンダム フォーミュラ ナインティワン / きどうせんしガンダム エフきゅうじゅういち、MOBILE SUIT GUNDAM Formula 91)は、1991年3月に劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。略称は「F91」。キャッチコピーは「人は、いつ戦争を忘れることができるのか?」。配給収入2億7千万円。同時上映は『武者・騎士・コマンド SDガンダム緊急出撃』。 作品解説 元々はテレビシリーズの企画であり、『機動戦士ガンダム』の劇場公開10周年に合わせて、そのテレビシリーズ用の構想の1クール分にあたるストーリーを劇場用に映像化したものが本作である。時代設定は一年戦争から40年以上、第二次ネオ・ジオン抗争からは約30年経った宇宙世紀0123年が舞台である。それまでのシリーズに登場した人物は登場しない。 難解だった前作『逆襲のシャア』に対し、富野によると本作は「解りやすさ」に重点を置いている。主人公も解りやすいヒーローになり、物語もハッピーエンドになった。『逆襲のシャア』ではニュータイプ論がテーマだったが、本作は「家族の問題」という非常に身近なテーマになっており、新世代の観客には解りやすくなっている。

〈機動戦士ガンダムF91 関連ニュース〉