7thPocket.com

海底軍艦

top > 特撮 > 特撮映画 > 海底軍艦

〈海底軍艦 関連サイト〉

〈海底軍艦 関連商品〉

海底軍艦 Wikipediaより〉

『海島冐險奇譚 海底軍艦』(かいとうぼうけんきたん かいていぐんかん)は、日本SFの草分けといわれるSF作家押川春浪が東京専門学校(現早稲田大学)法科部在学中に書いたSF小説。続編として『武侠艦隊』『東洋武侠団』などがある。 青空文庫にてテキストを公開中。 科学者でもあり軍人でもある櫻木大佐の開発した海底軍艦「電光艇」が登場する。東宝映画『海底軍艦』は、本作を原作としているが、内容的にはほとんど別の作品である。 メインキャラの1人として少年が出てくるため、少年小説の先駆けに分類されることがある。但し通常の少年小説と異なり、少年は「ただいるだけ」である。 シリーズ後半のメインキャラ、蛮勇侠客こと段原剣東次をネタにしたパロディを小栗虫太郎が作中で行っている。 海底軍艦シリーズ 海島冐險奇譚 海底軍艦(1900年) 英雄小説 武侠の日本(1902年) 海國冐險奇譚 新造軍艦(1904年) 戦時英雄小説 武侠艦隊(1904年) 英雄小説 新日本島(1906年) 英雄小説 東洋武侠団(1907年) 日欧競争空中大飛行艇(1902年) 続空中大飛行艇(1902年) この2作はシリーズの外伝的作品で、作中のSFメカは日本における空中戦艦の嚆矢と言われている。

〈海底軍艦 関連ニュース〉