7thPocket.com

爆竜戦隊アバレンジャー

top > 特撮 > スーパー戦隊シリーズ > 爆竜戦隊アバレンジャー

〈爆竜戦隊アバレンジャー 関連サイト〉

〈爆竜戦隊アバレンジャー 関連商品〉

爆竜戦隊アバレンジャー Wikipediaより〉

『爆竜戦隊アバレンジャー』(ばくりゅうせんたいアバレンジャー)は、2003年(平成15年)2月16日から2004年(平成16年)2月8日までテレビ朝日系列で毎週日曜7:30 - 8:00(JST)に全50話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。スーパー戦隊シリーズ初の地上デジタル放送でもある。 『恐竜戦隊ジュウレンジャー』と同じく恐竜をモチーフとし、枠組みに捕らわれず行動する元気や勇気を「アバレ」と表現してテーマに掲げている。「アバレンジャー」というタイトルは本作品の数年前からネーミング候補に挙がっていたが、恐竜というモチーフが荒々しく逞しいイメージに合うため採用された。 ストーリー展開は多岐にわたり、例年に比べギャグコメディ色が強い一方、非常にハードかつシリアスな重いストーリーも展開された。毎回、スタッフ間で「アバレポイント」といわれる、視聴者を驚かすような型破りなシーン(展開)を入れるという制作方針があり、後述する『釣りバカ日誌』とのタイアップも、この「アバレポイント」の一環として行われた試みである。