7thPocket.com

逆転イッパツマン

top > アニメーション > 逆転イッパツマン

〈逆転イッパツマン 関連サイト〉

〈逆転イッパツマン 関連商品〉

逆転イッパツマン Wikipediaより〉

『タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン』(ぎゃくてんイッパツマン、英語表記:Ippatsuman)は『タイムボカンシリーズ』の第6作目として、フジテレビ系列で、1982年2月13日から1983年3月26日まで、毎週土曜18時30分 - 19時00分の放送枠に於いて全58話が放送された、タツノコプロ制作のテレビアニメである。 前作『ヤットデタマン』に続いて、巨大ロボットが登場。主人公がこれまでの少年少女から青年となり、シリアス味が増した作風となった。視聴者の興味を惹くために主人公のイッパツマンの正体など、多くの謎を散りばめ、シリーズのマンネリを打破しようと工夫が凝らされた。 主人公の声優はシリーズのナレーターを長年に渡って担当した、富山敬が務めた。時に20%を越える視聴率を記録し、放送回数は好評につき、6話延長された。そのうちの3回はストーリー本編とは関係のない番外編的なストーリーが含まれていた。歴代シリーズとしては『ヤッターマン』以来の放送回数の延長であり、マンネリの声も上がりはじめていた、タイムボカンシリーズの人気が息を吹き返した作品だった。

〈逆転イッパツマン 関連ニュース〉