7thPocket.com

電脳警察サイバーコップ

top > 特撮 > 電脳警察サイバーコップ

〈電脳警察サイバーコップ 関連サイト〉

〈電脳警察サイバーコップ 関連商品〉

電脳警察サイバーコップ Wikipediaより〉

『電脳警察サイバーコップ』(でんのうけいさつサイバーコップ)は、1988年(昭和63年)10月2日から1989年(平成元年)7月5日まで日本テレビ系列で全36話(うちラスト2話は特別編)が放送された、東宝(東宝企画)制作の特撮テレビ番組。 放映時間は、当初は毎週日曜午前10:30 - 11:00(JST、マストバイ局に同時ネット)であったが、1989年(平成元年)4月5日放送分(第25話)以降は毎週水曜17:00 - 17:30(JST)に変更された。 本作品は東宝が『メガロマン』(1979年)以来9年ぶりに制作した特撮番組であり、同時に従来の特撮番組とは一線を図す要素が多数盛り込まれた作品でもある。 その要素の最たるものが、当時としては珍しいVTR方式による撮影である。既に1983年(昭和58年)放送の『アンドロメロス』でもVTR方式による撮影は試みられていたが、同作品がスタジオ撮影が主だったのに対し、本作品ではロケーション映像にもVTR方式を活かした画面合成などが行われるなど、より進んだ形で採り入れられているのが大きな違いとなっている。