7thPocket.com

魔法使いハウルと火の悪魔

top > ファンタジー > 魔法使いハウルと火の悪魔

〈魔法使いハウルと火の悪魔 関連サイト〉

〈魔法使いハウルと火の悪魔 関連商品〉

魔法使いハウルと火の悪魔 Wikipediaより〉

『魔法使いハウルと火の悪魔』(まほうつかいハウルとひのあくま、原題: Howl's Moving Castle)は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作のファンタジー小説。1986年刊。日本語訳書が1997年に出版された。翻訳者は西村醇子。 ダイアナ・ウィン・ジョーンズが、ある学校に招かれ、生徒達と話をしている時に一人の少年が「動く城の話を書いて下さい」と言った事がこの作品が誕生するきっかけ。 2004年にスタジオジブリのアニメーション映画『ハウルの動く城』が制作された。 あらすじ インガリー国は七リーグ靴や姿隠しのマントがある魔法の国。おとぎ話で三人兄弟で運試しに出れば長男や長女は手ひどく失敗することは誰でも知っている。帽子店の三人姉妹の長女ソフィー・ハッターはその事を信じていた。 その頃、街では「荒れ地の魔女」や、丘陵地帯に現れた動く城に住む「魔法使いハウル」の噂で持ちきりだったが、ソフィーが学校を終える年、父親が亡くなり、加えて莫大な借金があることが分かる。

〈魔法使いハウルと火の悪魔 関連ニュース〉