7thPocket.com

Gu-Guガンモ

top > アニメーション > Gu-Guガンモ
Gu-Guガンモ デジタルリマスター版 DVD-BOX1画像

〈Gu-Guガンモ 関連サイト〉

〈Gu-Guガンモ 関連商品〉

Gu-Guガンモ Wikipediaより〉

『GU-GUガンモ』(グーグーガンモ)は、細野不二彦による漫画(全12巻)、それを原作としたアニメ作品。 週刊少年サンデー(小学館)において、1982年19号から1985年16号まで連載された。 あらすじ 「空を飛べども鳥でなく、人語を解せど人でなく、しかしてその実体は…!?」とまるで多羅尾伴内のようなセリフとともに、捨てられた巨大な卵から現れた、ニワトリのような風貌をもつ、スニーカーを履いたニワトリモドキの生物。佃家の母親に、長女つくね・長男半平太(あだ名:ハンペン)ときて、「ニワトリモドキ」→(おでんネタにかけて)「ガンモドキ」→「ガンモ」と名づけられ、そのままペットとして居候することに。ガンモを中心として、男勝りな外人娘・リンダ・スカイラーク、最強で横暴だが心根は優しいガキ大将・西郷としみつ、その西郷とよく一緒につるんでいる秀才少年・藤田カシオ、半平太の憧れだが実はイジワルで身勝手な市ヶ谷あゆみちゃん、そのペットのデジャブーなど、半平太の友人たちらがおりなすドタバタギャグ漫画。