7thPocket.com

ファインディング・ニモ

top > アニメーション > ディズニー > ファインディング・ニモ

〈ファインディング・ニモ 関連サイト〉

〈ファインディング・ニモ 関連カテゴリー・コンテンツ〉

ファインディング・ドリー

〈ファインディング・ニモ 関連商品〉

ファインディング・ニモ Wikipediaより〉

『ファインディング・ニモ』(原題:Finding Nemo)は、2003年のアメリカのアニメーション映画である。 製作はディズニー&ピクサーで、フル3DCGで描かれた。ピクサーの長編アニメーション作品としては第5作目になる。日本では2003年12月6日公開。第76回アカデミー賞では長編アニメ賞を受賞した。 主人公ニモ(Nemo)の名は、ジュール・ベルヌの小説『海底二万里』に登場する主人公ネモ船長(Captain Nemo)から採られている。 2012年に3D映画『ファインディング・ニモ 3D』が公開。同時上映は短編アニメーション『レックスはお風呂の王様』。 あらすじ 舞台はオーストラリア・グレートバリアリーフの海。クマノミのマーリンは妻のコーラルといっしょに卵の世話をしながら、2日後の子供たちの誕生を楽しみにしていた。ところが突然オニカマスに襲われ、幸せな日常に終止符が打たれる。気を失っていて助かったマーリンが意識を取り戻すと、妻と卵たちは姿を消していた。だが、たったひとつだけ卵が残されていた。たった一匹残った子に、妻の遺志を尊重するべくニモと名付け、父マーリンは過保護に育てる。

〈ファインディング・ニモ 関連ニュース〉